前向き経営者のための高収益化達成勉強会 全業種対応 社長業に集中できる! 300社の課題克服から生まれたカリキュラム 社長が「引っ張らなくても」動くチームができる! リーダー育成 後継者対策 社員のモチベーション 社長の優先課題克服・組織の生産性を上げる 自走チーム力養成講座

  • 社長ご自身幹部・社員とどうコミュニケーションを取れば良いか分からない
  • 社  員モチベーション/帰属意識が下がりそうで怖い
  • 古参社員新たな会社の仕組みに馴染めるのか?
  • 幹部・役員厳しい時こそ自分が会社を救う、という気概が持てるか?
  • 組  織テレワーク・時差出勤で組織の統制が保てるか心配
  • 会社の成長この環境で売上/利益、人材を維持・拡大していけるか不安

貴方も「うまくいってる社長の思考の幅」を持つことができます。(なぜなら既に備わっている能力を引き出すので)

すると、今のチームの課題と各メンバーの才能に気づき、景況に左右されない組織である 「自走するチーム」を作る事ができます。

今回のセミナーの本質 社長の思考の枠を広げ「自走チーム力」を作る流れ

本講座では「自走するチーム」を作るための3つの課題解決法が学べます。
「他人任せ」から「問題の共有化」「チームで動く」ようになることは、
社長が抱える多くの課題を解決することに繋がります。

Step1 「うまくいく社長の思考力」を持つ

社長ご自身が「思考の枠」の存在を知り、それが狭くなり悪い方向へ進まないよう「思考のクセ」を修正すると、最適な選択肢が生み出されます。

【解説】

社長のよくある課題としての「なぜ幹部・社員は私のいうことを聞かないのか」という社長の行動と社員への影響力の
ギャップを知ることから解決の糸口を掴みます。
これにより社長と社員の方向性、コミュニケーションのズレが理解できます。
社長ご自身のこれまでの成功体験からくる考え方の枠を広げ、より俯瞰的な視点で問題の根源にアプローチします。

■ 参考図:組織の社会的存在意義と役割について
どの段階で社員とのズレが起きているかを把握

*社長と社員のよくある方向性のズレの原因
(年代、経験、価値観・固定概念のほか)

  • 理念が共有できていない
  • 話し合い不足
  • 慣れた制度への執着
  • 共通目標の未設定
  • 社長・リーダーの管理不足
  • キャリアプランの不適合
  • 人としての相性

Step2 社員一人ひとりの「スキルとやる気」を承認する

会社の明確なビジョンとそれに基づいた行動規範を改めて共有する

【解説】

社長のよくある課題としての「なぜ幹部・社員は私のいうことを聞かないのか?」というご自身が感じる影響力のギャップ
からくる”違和感の原因”を知ることから解決の糸口を掴みます。
これにより社長と幹部・社員の方向性の違い、コミュニケーションのブレを修正していきます。

Step3 「結果の質」を高めるマネジメントを行う

社員一人ひとりに合わせたコミュニケーション・マネジメントを行い、
「良質な結果」を自然に生み出すチームを作ります。

【解説】

売上至上主義から、価値観共有と理念浸透を優先させることで、心理的な不安を取り除き
幹部・社員が自ら動くようになれる組織づくり(土台づくり)を会社の特徴に合わせて作っていきます。

■ 参考図:結果が出せる「理念浸透」後のマネジメントサイクル
〜 組織の成功循環モデル 〜
グッドサイクル(赤番号)
  • 1お互いに尊重し、一緒に考える(関係の質)
  • 2気づきがある、面白い(思考の質)
  • 3自分で考え、自発的に行動する(行動の質)
  • 4成果が得られる(結果の質)
  • 5信頼関係が高まる(関係の質)
バッドサイクル(青番号)
  • 1成果が上がらない(結果の質)
  • 2対立、押し付け、命令する(関係の質)
  • 3面白くない、受身で聞くだけ(思考の質)
  • 4自発的・積極的に行動しない(行動の質)
  • 5関係が悪化する(関係の質)
(引用)マサチューセッツ工科大学 ダニエル・キム教授 提唱

社長の可能性を引き出す「成長する会社」への秘訣はコチラ

上記の3ステップにより、社長である貴方と能力を引き出されたメンバーで、より高い相乗効果を起こすことが出来ます。

実務で累計300社・1000の組織の業績アップに携わった講師が「伸び続ける会社が何をしているか」と「貴方の会社が今何をしたら良いか?」をお伝えします。

講師の紹介・ご挨拶

株式会社プロフェッショナルパートナー 代表取締役 安室 元博(やすむろ もとひろ)

建設、住宅リフォーム、製造、IT、サービス業のクライアント86.7%が、自走するチームをつくることで、最短10ヶ月で当期の業績目標を達成。創業以来の最高売上利益を記録しました。このノウハウをさらに多くの企業に提供し、全国の中・小規模事業の高収益経営化のお役に立ちたいと思います。

経 歴

1965年横浜生まれ。大学卒業後大手百貨店に入社。12年間は売場マネジメント、3年間は人事担当者として社内の人材育成に携わる。その時に経験した大型倒産が人生の転機に。
その後、活動の場を大手経営コンサルティング会社に移し、上場企業中小企業300社1,000の組織の業績アップに関わる。その過程で5,000名の人材育成を実施。
2011年にプロフェッショナルパートナー/高収益経営サポートセンター設立。

自分がNo.1の成果を出す ビジネスコーチになり、クライアントもNo.1にさせる講師紹介動画を見る
自分にとってビジネスコーチングとは

受講された企業様のコーチング実績


建設業S.O様(従業員数:8名)

下町で昭和13年創業の総合建築会社様(東京)

中小企業の中でも特に多い年商3億規模の会社にとって、まるで自社のことを
もともと知っているかのように課題や改善点を理解されておりました。

講師の豊富な経験・実績から「会社の内部から」高収益体質へと導いてくれるコーチングでした。

支援前と支援後の売上・利益の変化(単位:千円)

62期63期64期結果
売上高200,000220,000340,000+58.8%
営業利益6,40011,72021,000+228%

リフォーム業K.I様(従業員数:16名)

経産省から表彰された地元密着のリフォーム会社様 (神奈川)

従業員との「関係の質」が組織成長の基本である再確認ができた。
そのためには経営者の思考の枠を広げること、次に20の悪癖の最重要課題をノートに記述し、毎日反復することで着実に改善につながった。

実践と理論を両輪で指導してくれるため、次のアクションプランが立てやすかった。
指導者(安室)の理論と経験が豊富なため実務で大変役に立ちました。

支援前と支援後の売上・利益の変化(単位:千円)

13期14期15期結果
売上高486,000600,000750,000+64.8%
営業利益13,00020,00036,000+200%
クライアントの実績例
  • 1

    専門誌に
    成長企業10社として
    紹介された
    リフォーム会社
    (東京)

  • 2

    東関東に
    10拠点を展開する
    プレハブ建設会社
    (埼玉)

  • 3

    日本発
    世界的時計の
    製造メーカー子会社
    (山梨)

  • 4

    創業60年の
    地域密着老舗ガス会社
    (大阪)

  • 5

    ジャスダック上場
    IT会社
    (東京)

  • 6

    関東一円を網羅する
    高速道路
    メンテナンス会社
    (東京)

セミナー詳細について

日 時 ・9月16日(水)18:30〜20:30
・9月18日(金)18:30〜20:30
・9月29日(火)18:30〜20:30
・10月2日(金)18:30〜20:30

*各回ともに内容は同じです
定 員 各回 5名
参加費 特別ご招待(無料)
対象者
  • ・オーナー社長、2代目経営者
  • ・安心し任せられる後継者を育成したい経営者
  • ・社員をもっと活躍させ、活き活きとした組織づくりをしたい経営者
  • ・短期間で業績をアップさせたい経営者
  • ・リモートワーク/テレワーク時代でも、組織の一体感を強くしていきたい経営者
参加者特典 御社の強み・弱みがその場でわかる安室式経営診断チャートを使った個別診断
受講までの流れ

■ オンライン講座の流れ
お申込み後、弊社担当者よりオンライン講座の視聴方法について
メールもしくはお電話で連絡させていただきます。

弊社よりお送りするURLをクリックすると視聴できますので、
アプリなどインストールの必要はございません。

講座お申し込みフォーム

送信完了後に申し込みメールアドレス宛に決済方法が記載されたメールが送信されますので、ご確認のほどよろしくお願い致します。
※3分以上経過しても受信できない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください

参加日時(場所)[必須]
会社名/屋号等[必須]
申込書氏名[必須]
メールアドレス[必須]
メールアドレス(再)[必須] (確認用)
電話番号[必須] - -
郵便番号[必須]
都道府県
住所(番地前まで自動)
備考欄
(ご質問などをご記入ください)
【個人情報の取り扱いについて】
株式会社プロフェッショナルパートナーは、本申し込みにおいてお預りしたお客さまの個人情報を当社が定める「プライバシーポリシー」に従い適性に管理します。
<個人情報の利用目的>
  • ・各種サービスのご提供
  • ・ご本人確認
  • ・当社セミナーに関するご案内
  • ・当社が発行するメールマガジン・DM・その他のお知らせの送付